raijin

全貌公開!

初回生産限定盤 [CD+DVD] 品番:AICL-2712~3/価格:¥2,963+税
通常盤 [CD] 品番:AICL-2714/価格:¥2,500+税

<収録曲>

play/pause 1. Animus
play/pause 2. SORA feat. カオティック・スピードキング & KYONO
play/pause 3. チョコレイト・ディスコ (Perfume カバー)
play/pause 4. double pendulum
play/pause 5. T.A.M.A NETWORK feat.玉筋クールJ太郎

<Disc 2>DVD(初回生産限定盤のみ)
Animus ~Recording Documentary~
SORA feat. カオティック・スピードキング & KYONO –Music Video-


配信限定「Animus (Drum Orchestra Naked Version)」リリース!


SHOP LIST

ABOUT ピエール中野

凛として時雨における超絶ドラムプレイは言うまでもなく、寡黙な他の2人と対照的なステージ上での独自のマイクパフォーマンスには定評がある彼は、インプロビゼーションを主体としたセッション・ユニット、カオティック・スピードキング、下ネタ満載の謎のヒップホップ・ユニット、玉筋クールJ太郎のメンバーとして活動、さらに最近ではでんぱ組.incのRemix、GLAY、ももいろクローバー、星野源 等々のレコーディングにも参加。さらにDJとしても数々のイベントで観客を沸かせ、ブログ、コラム連載等でもその才能を発揮している。
もはやミュージシャンのみならず文化人といっても過言ではないピエール中野の多彩な世界を1枚のアルバムに凝縮したピエール中野による初のソロプロジェクト。

「1人の音楽好きが周りにいる音楽仲間と連携をしたら、どこまで突き抜けた作品を作れるんだろう?」って、ずっと考えてました。自分にしか出来ないことが多すぎて、それをカタチに残して共有しておきたかった。凛として時雨を通じてバンドのカッコ良さと理想を追求し、ドラムの持つ可能性を拡げ、才能ある人の才能を引き出し、それを誰かと共有するのが自分の役割で、この作品はこれまでの活動の集大成で、頭の中にある衝動を全て詰め込んだ理想のカタチです。

1. Animus ▼

2. SORA feat. カオティック・スピードキング & KYONO ▼

3. チョコレイト・ディスコ (Perfume カバー) ▼

4. double pendulum ▼

5. T.A.M.A NETWORK feat.玉筋クールJ太郎 ▼

Animus

日本屈指のドラマーから一般公募の中学生まで、実に13歳~50歳の総勢20名のドラマーによる大迫力のドラムサウンドに加え、管弦楽器やピアノを含め、実に50人を超える名通り"オーケストラ"規模の壮大な楽曲。ボーカルにはアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の主題歌や、ゲーム『ファイナルファンタジーXⅢ-2』の挿入歌などでもおなじみ、ワールドワイドに活躍するシンガー・ORIGA迎えての感動の超大作!

ドラムオーケストラ映像

参加アーティスト

nakano
aoyama
sakurai
takahashi
shirai
ami
yamamura
toda
ohkita
atsushi
duttch
turkey
icchan
tsucchie
kazi
aoki
hatsuho
yukichika
mabanua
matsushita
origa

参加ドラマー配置図

Drummer

ピエール中野

Drummer

青山英樹(JAM Project, BABYMETAL etc..)

ピエール中野の「一目惚れのドラマー」

赤坂ブリッツでBABYMETALと共演したときに演奏しているのを観て、CDで聴いていた無茶ぶりのようなドラムを再現しているのに感動したのを強烈に覚えてます。プレイが圧倒的過ぎて、横で見ながらずっとワクワクしてました。テクニックとスター性を兼ね備え、これからの音楽業界でも益々活躍の場を拡げていくのが想像できます。

Drummer

桜井誠(Dragon Ash)

ピエール中野の「ドラム会のロックな先輩」

Dragon Ashは高校時代に聴きまくっていたし、サクさんの刻むリズムを直撃した世代です。サクさんの教則ビデオを観ていたことで、Twitterを通じて交流が始まりました。ドラム飲み会でずっと可愛がってくれて、落ち込んでるときにはすぐに連絡をくれます。グルーヴやドラムの持つカッコ良さと、バンドの魅力を提示してくれているロックな先輩。

Drummer

高橋勇樹(he)

ピエール中野の「地元の頼れる後輩」

前にサポートしていたheで、僕の後に加入したドラマー。地元越谷ではドラム会を定期的に主催するなど、積極的にドラムを盛り上げる活動を行ってます。テクニカルで複雑なフレーズでも、しっかりと力強い演奏でバンドサウンドを支えます。真面目で練習熱心なところがきちんとドラムに表現されていて、色気や華々しさも持ちあわせています。

Drummer

白井としみつ(シライミュージック)

ピエール中野の「楽器屋の店員さんで相談役」

牧人さんのwebサイトを通じて連絡を取るようになってから、頼りにしていてお世話になっているドラム販売を得意とする楽器屋の店員さん。プロも参考にすると話題になっている楽器紹介の動画や、ドラム講師の経験もあるので腕は確か。SNSを上手に使いこなし、ジャンルを問わず各方面のドラマーとも交流があり、現在のドラムシーンを語る上でも重要な存在です。

Drummer

Ami(Chelsy)

ピエール中野の「可愛いレーベルメイト」

レーベルメイトでクリニックにも来てくれたことがあって、ドラムに関する相談など頼りにしてくれています。当日の現場は男だらけで暑苦しくなってしまいそうだったけど、爽快なドラミングと可愛いルックスで、現場を優しく癒やしてくれるやわらかい風を吹かせてくれました。YouTubeにアップしている叩いてみた動画は必見です。

Drummer

山村牧人(50)

ピエール中野の「恩師」

ドラムについてこんな魅力的で面白い考え方があるのかと、牧人さんの連載を読んで衝撃を受けました。専門学校では実際にドラムを教えてくれた恩師であり、ドラム・マガジンの連載を繋げてくれた人。他とは一線を画す指導方法には、目から鱗が落ちまくりでした。連載や著書も内容がこれでもかというくらいに濃く、実際の演奏も温度があってツボをおさえた演奏なのです。

Drummer

戸田"阿泰"泰宏

ピエール中野の「地元の先輩、活動拠点は台湾」

台湾を拠点に活躍するプロドラマー。高校のときに通っていたドラムスクールで一番上手いと噂になっていた先輩。当時はあまり絡みが無かったけど、時雨が初めて台湾に行くタイミングで連絡を取り合うようになって、フェスでの通訳など大変お世話になりました。仕事現場を見せてもらったときの演奏は、洗練された気持ちのよいビートで何を演奏しても音楽のクオリティーを高めてくれる無敵感がありました。

Drummer

大喜多崇規(Nothing's Carved In Stone)

ピエール中野の「バンドの優しい先輩」

O-EASTで開催したイベントで初めてお会いして、そこからイベントやフェスなどで交流がスタート。柔軟でしなやかなプレイスタイルは、共演するプレイヤーの魅力を最大限に引き出して、自身のプレイスタイルや「らしさ」も確立してます。優しい心の持ち主で、多くのミュージシャンから信頼されています。

Drummer

淳士(ex SIAM SHADE , BULL ZEICHEN 88)

ピエール中野の「憧れの存在」

出会いは中学生のときに観た音楽番組。バンドに惚れ込んでCDを即買いして、こんなトリッキーでセンス良くてカッコイイドラムがあるのか!と衝撃を受けてから、ずっと目標であり、憧れの存在。初めてライブで生演奏を観たときは涙が止まらなくなるほど感動して、ずっと淳士さんになりたいと本気で思ってました。

Drummer

DUTTCH(UZMK) 

ピエール中野の「ドラム会の兄貴な先輩」

ドラム会でもムードメーカーの役割を果たし、みんなの面倒をみてくれる心強い先輩。ドラムプレイは力強く芯のあるサウンドで感情をむき出しにする。優しく頼れる人柄に信頼を寄せるミュージシャンは多い。今回のドラムオーケストラでもタイミングよく空気を和らげる発言などで、現場の雰囲気を明るくしてくれました。

Drummer

ターキー(la la larks, ex GO!GO!7188)

ピエール中野の「バンドの頼れる先輩」

GO!GO!7188と時雨でツーマンツアーをまわって、そのときから可愛がってもらってます。バンドサウンドのクオリティーをグッと上質に引き上げるグルーヴとサウンドは唯一無二。参加人数100人を超える大規模ドラム飲み会の幹事も任されていて、信頼も厚いです。近藤真彦さんのモノマネがそっくりですし、CDにも収録されています。

Drummer

ICCHAN

ピエール中野の「専門学校の後輩」

同じ専門学校の後輩で、牧人さんから面白いドラマーがいるから中野に会わせたいと紹介してもらったのが最初。今でも自分のことをちゃんと慕ってくれる稀な存在です。声優の佐藤聡美さんのRECに僕が参加した曲をツアーではICCHANが演奏してくれていて、思わぬ繋がりに運命を感じてます。力強くウネリを起こし、さらにはタイトな演奏もバッチリな腕の確かなドラマー。

Drummer

土田"tsucchie"嘉範(drumtech, drummer)

ピエール中野の「凛として時雨のドラムテック」

フジロック「グリーンステージ」のテックを担当している凄い人。凛として時雨や個人的な活動でサポートを依頼してます。最初の仕事はイギリスツアーで、滞在中毎日同じ部屋でドラム談義をしてました。懐の深さと経験に裏打ちされた説得力のある言葉、創りだすサウンドに多くのドラマー、ミュージシャンが信頼を寄せています。

Drummer

KAZI(THE JUNEJULYAUGUST, HUMAN TAIL)

ピエール中野の「バンドの昔からの先輩」

凛として時雨インディーズ時代から良くしてくれている先輩で、頼れる兄貴的存在。スーッと全身を刺激する心地よいビートが特徴で、ドラムへの情熱や愛情もきちんと見えてくる。SUGIZOさんプロデュースで音源制作を行ったり、真矢さんから譲り受けたスネアを所有するなど、LUNA SEAでも繋がっているという関係です。

Drummer

青木大全(ISSUE)

ピエール中野の「地元でよく飲みに行く先輩」

ISSUEというバンドで長年活動していて、自分が高校生の頃に出演したライブハウスの対バン相手。地元ドラマーとしての繋がりは誰よりも長く、公私ともに相談にのったり、のられたり、という所謂飲み仲間的な関係。26インチのバスドラを操る只者ではない感を現場でも出していたり、バンドでは艶っぽい色気のあるドラムを奏でます。

Drummer

初穂

ピエール中野の「時雨好きオーディション合格者」

名古屋のドラムクリニックに来てくれて、そのときに話したのを覚えてました。凛として時雨ピエール中野が大好きであるのがちゃんと見えて、プレイも良かったので合格になりました。当日も技術面ではバッチリでしたが、すぐに調子に乗ってしまうところが昔の自分を見ているようで、全く可愛くないですが、何とかしようと思わなくはないです。

Drummer

ゆきちか

ピエール中野の「プロのオーディション合格者」

名最年少の参加者。中学生だけど技術面やメンタル面は大人のプロドラマーに全く引けをとらないです。応募動画も「これは合格にせざるを得ない!」というクオリティー。前にひたちなかで行われたフェスで先輩ドラマーから「ゆきちかのこと可愛がってくれ」と紹介されたことがあって、多くのプロドラマーから可愛がられているし、その理由も今回一緒にやってみてよくわかりました。

Drummer

mabanua

ピエール中野の「プロデューサーの紹介」

プロデューサー岩崎太整氏が教えてくれた才能の塊のようなドラマー。試聴してCDを即買いして、是非一緒にRECしたいとお誘いしたところ快諾して頂きました。サウンドチェックの演奏だけで「これ聴きながら酒飲みたいなー」って思うくらい気持ち良いドラムを叩いてくれます。音色、タイム感、どれをとってもセンス良過ぎです。

Drummer

松下マサナオ(Yasei Collective, Gentle Forest Jazz Band, Za FeeDo)

ピエール中野の「シライさんの紹介」

シライさんから「凄いバンドがいるから聴いてみて!」と言われてYouTubeで検索したら、想像を超える変態具合でした。松下さんのようなドラマーにワクワクする人は多いハズだから、もっともっと知られて欲しいです。ポンタさんとの共演など、大先輩から下の世代まで届くどこへ出ても通用するドラマーです。

トータルプロデュース

岩崎太整

ピエール中野の「シライさんの紹介」

聴きどころポイント

ドラマーが20人集まって一斉に同じ部屋でレコーディングをするという前代未聞の楽曲。海外では10人規模のREC、大人数でのライブなどは例はあるけど、ここから更に管弦楽器とボーカルを入れて壮大な楽曲に仕上げたのは「Animus」だけ。ドラムは右パート、左パート、真ん中パートと大きく3つに分けられていて立体的なサウンドになっています。世界で活躍するボーカリストORIGAの歌声と壮大なスケールをいろんな解釈で楽しんで欲しいです。


SORA feat.カオティック・スピードキング & KYONO

ジャンルを超えた多彩なアーティストが即興でセッションを繰り広げるインプロビゼーション・ユニット、
カオティックスピードキングの楽曲が初音源化!!
ゲストヴォーカルにKYONO (ex THE MAD CAPSULE MARKETS, WAGDUG FUTURISTIC UNITY, T.C.L)、
ミックスエンジニアにTK(凛として時雨)を迎えての超感動的カオティックな名曲 『SORA』 が誕生!

ABOUT カオティック・スピードキング

ピエール中野(Drums)、takuto(Guitar/about tess)、井澤惇(Bass/LITE, FULLARMOR)の3人を中心に世代もジャンルも超えた多彩なアーティストが即興で狂乱のセッションを繰り広げるインプロビゼーション・ユニット。これまでにも345(凛として時雨)やSUGIZO(Guitar/LUNA SEA、X JAPAN)、HISASHI(Guitar/GLAY)、石毛 輝(Guitar/the telephones)、岡本伸明(Key/the telephones)、後藤まりこ、みさこ(Drums/神聖かまってちゃん)、津野米咲(Guitar/赤い公園)、TOKIE(Bass)というジャンル不問の豪華なメンツがカオティック・スピードキングのステージに参加している。

Music Video

聴きどころポイント

8年ほど前から「演奏家としての限界超えを常に目指す」というコンセプトの元に活動しているバトルバンド。メロディアスな要素、より立体的な演奏を構築していこうと方向性を新しい可能性へと徐々にシフト、ソロ音源を制作するあたって初の楽曲を制作。「この曲にハマるボーカルはKYONOさんしか考えられない!」とオファー。強烈なシャウトやメロディアスな歌はあまりにも衝撃で、一聴してカッコイイと言える圧倒的な力強さがある。メンバーの母体であるLITE、about tess、凛として時雨とは違った暴力的で破壊的な演奏が存分に堪能できる。ツーバスに絡むKYONOさんのボーカルも聴きどころ。


チョコレイト・ディスコ(Perfumeカバー)

アレンジャー、ギターにライバルでもあり盟友でもある滝善充(9mm Parabellum Bullet)、
ベースにミト(クラムボン)、ボーカルに大森靖子を迎えて、Perfume「チョコレイト・ディスコ」を完全人力カヴァー!

聴きどころポイント

Perfumeはファンクラブ発足当時から入会し、今でも継続手続きをしているくらい好きなグループ。Perfumeフェスに誘われないから自分の音源でカバーをしようと全力で決定に。滝くんとはいつか一緒に何か制作したいという話をしていて遂に実現。滝くんはギターの他にアレンジメントも担当してくれてます。ベースは大好きなミトさんにオファー。センスが炸裂するベースラインとプレイでアレンジに彩りを与えてくれた。ボーカルは大森靖子さん。なるべく癖をおさえた声で歌いきって欲しいというこちらの要求にもバッチリ応えてくれて、そこから更に進化させていく試みにトライしてくれました。この日はそれぞれのプレイが毎度スタジオを騒然とさせるような物凄いRECに…。チョコレイト・ディスコを選曲したのはPerfumeが世間に広まるきっかけを作った曲であり、ファン・サーヴィスと名付けられたシングルに収録されていたので、そのお返しの意味を込めて、だったりします。


double pendulum

ピエール中野のドラムの音素材をLAMAやTVアニメ「ピンポン」の劇伴などで活躍中のクリエイター・牛尾憲輔(agraph)が再構築した
"実験"的楽曲「double pendulum」完成!!

牛尾憲輔

agraph

聴きどころポイント

前々から自分のドラム音を電子音楽家に渡して自由に楽曲を制作してもらう試みがやりたかった。各パーツ毎の音とクリックに合わせたドラムソロやリズムを渡して、agraph氏には自由に解釈、再構築をしてもらい、完成して届いた楽曲はイメージしていた理想そのもの。繰り返し何度も聴きたくなるし、電子音楽好きもドラム好きもたまらない気持ちになる仕上がりに。静と動と感情を抉るようなフレーズ構築に感動した。学生時代にドラマーになるか、電子音楽家になるか本気で悩んだことがあって、こうして、ドラマーとして電子音楽を融合させた楽曲を発表できて本当に嬉しい。


T.A.M.A NETWORK feat.玉筋クールJ太郎

日本中のティーン(特に男子)&ラヴオーディエンス達から共感の声が留まることを知らない繊細かつ大胆なリアルストリートリリック(下ネタ)を武器に暗躍する、世界でも類をみない完全スラックネスMC&DJユニット。
メンバーはMCクールJことピエール中野をはじめMCケーナル、MCタマキ・スカイウォーカー、キーマンDJタマスジトール。
ピエール中野主宰の「ピエールナイト」にも多数出演経験があり、ピエール中野のファンにはお馴染のユニット。音源化は今回が初となる。

玉筋クールJ太郎

聴きどころポイント

カオティックと同じく長年活動しているバイブス高めな下ネタラップユニット。あまりの下ネタの酷さに収録は不可能とされていたのを、ピー音と歌詞変更で乗り切るという荒業なバイブスを繰り出す。トラックは岩崎太整氏に本気(ガチ)で制作してもらい、夜の高速道路やドライブにぴったりハマるサウンドに。聴くと不思議と元気になれるし、疲れたときに聴きたくなる。ストイックで究極な至高を突き詰めた作品の最後を締めくくるのは、このユニットしか考えられなかった。壮大なオチ。

トータルプロデュース

岩崎太整

映画・ドラマ・CM等の様々な音楽を手掛ける作曲家。
代表作に「SR サイタマノラッパー」シリーズ、「モテキ」、スタジオジブリ作品「巨神兵東京
に現わる」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」がある。
その他にも「東京駅プロジェクトマッピングTOKYO STATION VISION」音楽監督、
舞台「ヘドウィグアンドアングリーインチ」音楽監督なども手がける。

「モテキ」で日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞。
「東京駅プロジェクトマッピングTOKYO STATION VISION」でグッドデザイン賞2013受 賞。

http://www.taisei-iwasaki.com
ジャケットイラスト

SHOHEI

ボールペンをもちいた繊細なイラストで世界的に評価の高いイラストレーター・
SHOHEIによって描き下ろされた作品。

http://www.hakuchi.jp/

ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)
ミュージシャンって上手いも下手も大事だと思うのだけど、
"その人にしかできない"って事が有るか無いかが、何よりも一番大事だと思うんですね。
それでね、聴いたんですけど、このアルバムってピエール中野にしかできない事しかやってない。
最高じゃない?何これ。

村田寛奈(9nine)
素直にドラムの音を楽しめるアルバムでした。特に1曲目のドラムオーケストラにはカッコいい以上の言葉が見つからないです。5曲とも全然違った雰囲気なのでループして永遠に聴けちゃいました。聴いているだけでピエールさんのかっこいい姿が想像できます。熱い夏がピエールさんのドラムで更に燃え盛っている!!そんなイメージです!

大山卓也(音楽ナタリー編集長)
なんか楽しそうだから生まれ変わったらピエール中野になりたい。

∴560∵ (Wienners)
なんという欲張り!な全トラック違うベクトルへ振り切った楽曲と参加アーティスト達。この訳が分からないけどSUGEEEEEEEな成分を一枚の作品にしてしまうバイタリティ、これぞピエール中野なのだなと。何と言っても玉筋クー
ルJ太郎初の音源化に手を挙げざるを得ない。sayバイブス!

あゆみくりかまき
「チョコレイト・ディスコ」今度DJで使います! もし次のプロジェクトがあったら、絶対参加させてください!

『Chaotic Vibes Orchestra』購入者特典

8/13に発売のピエール中野『Chaotic Vibes Orchestra』<初回生産限定盤(AICL-2712~2713)/通常盤(AICL-2714)のいずれか>を下記対象チェーン・店舗にてお買い上げの方に、先着でスペシャル特典をプレゼント!!先着となっておりますので、無くなり次第終了となります。

■タワーレコード全店(一部店舗は除く)

ピエール中野オリジナルドラムステッカー

■TSUTAYA RECORDS全店(一部店舗は除く)

 及びTSUTAYAオンラインショッピング(予約分のみ)

 ピエール中野オリジナルジャケットステッカー

超絶ドラマーに変身できる!ピエール中野"顔はめパネル"全国7箇所展示ツアー!

千手ドラマー・ピエール中野の顔はめパネルが、

全国7箇所のタワーレコードで展示!

【対象店舗】

タワーレコード札幌ピヴォ店/タワーレコード新宿/

タワーレコード渋谷/タワーレコード名古屋近鉄パッセ店/

タワーレコード梅田NU茶屋町/タワーレコード難波店/

タワーレコードアミュプラザ博多店

【展示期間】

2014年8月12日(火)〜2014年8月18日(月)

※設置期間は、店舗によって延長となる可能性もございます。

 予めご了承ください。

※顔はめパネルのデザインは、全国共通となります。

※画像はイメージです

「Chaotic Vibes Orchestra」リリース直前前夜祭!!

~爆音上映会+スペシャルトーク~が開催決定!

8月13日発売の『Chaotic Vibes Orchestra』の発売記念イベントが決定!!
ピエール中野と、本作のトータルプロデュースを手がけた作曲家・岩崎太整氏を迎え、映像上映あり、制作秘話トークあり、プレゼント抽選会
ありと盛りだくさんの内容!ぜひイベントにお越しください!


「Chaotic Vibes Orchestra」リリース直前前夜祭!!~爆音上映会+スペシャルトーク~

【公演日】2014/8/11(月)

【開演】19:00~

【会場】タワーレコード渋谷店B1F 「CUTUP STUDIO」

【出演】ピエール中野、岩崎太整

【対象店舗】タワーレコード渋谷店

【お問合せ先】タワーレコード渋谷店03-3496-3661

【参加方法】

・8/7(木)10:00から8/11(月)イベント開始までにタワーレコード渋谷店3F特設カウンターにて、
 8/13(水)発売凛として時雨 ピエール中野『Chaotic Vibes Orchestra』初回生産限定盤(AICL-2712〜2713)、
 または通常盤(AICL-2714)を全額前金にてご予約いただいた方に、先着で「整理番号入りイベント参加券」を配布いたします。
 整理番号入りイベント参加券をお持ちのお客様は上記イベントにご参加頂けます。
・前金予約はタワーレコード渋谷店3F特設カウンターにて承ります。
・ご予約時にご予約点数分の金額を内金としていただきます。
・特設カウンターでの予約受付は現金のみご利用いただけます。クレジットカード・電子マネー・商品券などはご利用いただけません。
・ポイントカードのポイント加算・値引きはご利用いただけません。
・対象商品1点につき1枚の「整理番号入りイベント参加券」、2点以上ご予約の場合も予約点数に関らず、
 お1人様1枚までとさせていただきます。
・整理券の番号はランダムでの配布になります。
・「整理番号入りイベント参加券」をお持ちの方はイベント開始30分前に1F階段前にご集合ください。集合時間に整理番号順にお並び頂き、
  順次ご入場して頂きます。また時間前のご集合はご遠慮ください。

【対象商品】

8月13日発売 凛として時雨 ピエール中野『Chaotic Vibes Orchestra』
初回生産限定盤(AICL-2712〜2713):¥2,963 +税
通常盤(AICL-2714):¥2,500+税

商品の受け取り方法、及びイベント参加に関しての注意事項詳細はこちら▶

47都道府県ツアー行脚、ピエール中野ドラムセット展示決定!

「47都道府県ドラムを叩いてまわるツアー 2014」で実際に使用されたピエール中野のドラムセットが期間限定でタワーレコード新宿店で展示されます!

【対象店舗】 タワーレコード新宿店7F

【展示期間】 2014年8月12日(火)〜2014年8月18日(月)

※設置期間は、延長となる可能性もございます。予めご了承ください。 ※店舗へのお問い合わせはご遠慮ください。

screen
screen